ひろゆき【稼げるウーバーイーツ事故ヤバい】配達員トラブル

ひろゆき【稼げるウーバーイーツ事故ヤバい】配達員トラブル

ご視聴どうもありがとうございます😊コチラから【チャンネル登録】下さいませ!
⇒https://www.youtube.com/channel/UCrlaDvhdG67ArDg54iVMMbg?sub_confirmation=1
【目指せ・チャンネル登録者数10万人】優しい皆様の御協力ヨロシクお願い致します。
——————-
【関連動画】
●ウーバーイーツ頼んだら配達員がマックスむらいで涙が止まらない…【UberEats】【これが現実】

●ウーバーイーツが届いたときの猫の反応がこちらですww

●ただいま、ウーバーイーツ生活

●【悲報】ウーバーイーツの新報酬体系に配達員が激おこへww1回の配達が100円や一律300円なども!?その内容がとにかくヤバいと話題にwwwwwwww

●【緊急配信】私、UberEatsにはねられました。オイ!どうなっとんじゃ!【ブチギレ】

——————-
【動画解説・ニュース】
コロナ禍で巣ごもり需要が増え、定着したフードデリバリーサービスのUber Eats(ウーバーイーツ)。
5月14日、厚生労働省の労働政策審議会部会にて、フリーランスで働くウーバーイーツ配達員などでも、労災保険に入れる特別加入制度の対象に加える方針を検討している事がわかりました。

≪●ウーバー配達員は個人事業主?≫
実は…ウーバーイーツ配達員は、社員やアルバイトではなくフリーランスの個人事業主として働いています。
そもそもウーバーイーツとは、配達を依頼したい飲食店に「配達パートナー」と呼ばれる配達員を紹介するマッチングシステム。
配達パートナーは、ウーバーイーツ運営側から業務委託契約を受け配達するため雇用契約はありません。

≪●事故っても保証がいない配達員…≫
その契約形態で問題視されているのが、従業員ではないため、労働基準法など法的に保護されていません。
自転車やバイクなどで配達するので交通事故に遭遇する可能性も多くなりますが、業務中に事故を起こした場合、労災認定されず事故で働けなくなった場合の保障もありません。
今回、労災保険に加入できるようになれば、配達員が保護されより働きやすい環境になる事でしょう。

ひろゆき氏は、自身のYouTubeチャンネル生放送にて、ウーバーイーツ配達員の問題点についてコメントしていました。
詳しくは、YouTube動画をご覧ください

#ひろゆき論破の王者hiroyukiちゃん【切り抜き】 #ひろゆき #ウーバーイーツ

配達中のトラブルカテゴリの最新記事