デリバリー・出前・宅配アプリを制作します。

デリバリー・出前・宅配アプリを制作します。

出前・宅配アプリの開発
複数の店舗・チェーン店のコンテンツをエリアを分けて表示できるモール型のデリバリーアプリです。

アプリを一元管理できるバックエンドシステム付き
価格:40万円~

お客様のニーズに合わせてカスタマイズできます。

詳細はコチラ

出前・宅配アプリ開発

●飲食チェーンにも対応
経営母体が同じ飲食店グループのコンテンツを一元管理できます。また、飲食店が個別にコンテンツを管理運用できる機能も含まれます。

●多様な決済システム
オプションにて、各種クレジットカード、電子マネー、銀行振り込み、コンビニ決済、代引き決済など、複数の支払い方法に対応します。

●お届けエリアを設定
管理画面にて「配達エリア」「お届け時間」を設定できます。お客様はGPS機能を使うことで、宅配可能店舗を選択することができます。

●受注管理の効率化
アプリからの受注情報を管理画面で一元管理し、配達漏れがないか確認したりするなど、受注管理業務の効率化を図ることができます。

感染症の影響で、外出自粛に伴い外食機会は減り食のデリバリーサービスの利用者が増加しています。

感染症の影響で、私たちの食をめぐる環境は大きく変化しました。
外出自粛やリモートワークの推奨が進み、飲食店も大きな影響を受けています。しかし、このような状況の中、外出を控えながらも手軽な注文方法で、自宅で美味しい料理が楽しめるデリバリーアプリの需要は加速を続け「ウーバイーツ」や「出前館」のようなプラットフォーム型デリバリーアプリが人気を集めています。

一方、競合他社も混在するプラットフォーム型デリバリーアプリの中で優位性を保つことの難しさや、「ウーバイーツ」や「出前館」に登録するコストや配送経費を考えると、経営上躊躇してしまう飲食店オーナの方もたくさんいらっしゃいます。

そこで、昨今、注目を集めているのがオリジナルのデリバリーアプリです。
配送・宣伝などの経費を低減させるために、自社ブランドでデリバリーアプリなどを立ち上げ、配送も自社スタッフを利用して活路を見出そうとしている飲食店が増えています。

詳細はコチラ
https://appkeyshop.com/delivery02/

配達アプリカテゴリの最新記事