[悲報]大阪UberEats配達はもう稼げません[配達員増えすぎ/注文減りすぎ/涼しくなって負のスパイラル]

[悲報]大阪UberEats配達はもう稼げません[配達員増えすぎ/注文減りすぎ/涼しくなって負のスパイラル]

あすおです。ご視聴ありがとうございます。

大阪ミナミエリア(難波・心斎橋・本町あたり)を中心にUber Eats配達員をやっていますが、2020年9月19日(撮影日)時点で、全然稼げなくなってます。

その理由として以下の仮説をたてました。
①涼しくなったことで配達員が爆増。
②涼しくなったことで外出する人が増え、家からUber Eatsを注文する人が激減。
③DiDi foodやmenuなど競合デリバリーサービスが増えたことで、Uber Eats独り勝ち状態が崩れつつある?

というわけで、現在の大阪の状況を動画にしました。これが最新情報、Uber Eats配達員のリアルです。東京でも鳴りが渋いという意見を多数見かけるので、おそらく似たような状況だと思われます。

ぼくは配達員として、現状Uber Eatsアプリのみ利用していますが、今後は出前館やDiDi foodなどを使ってみることも視野に入れています。それでも稼げない場合は、、、、おそらく配達員を辞めると思います。

【配達員のリスクについて、ぼくの考え】
交通事故のリスクを常に背負いながらやっているのに全然稼げないのではリスクとリターンが合いません。自分が安全運転を心がけていても、路上に滞在する時間が長い以上、無謀な運転をする他人が突っ込んできて巻き込まれる可能性はゼロにはできません。

ほかにいくらでも安全な働き方があるのに、こんな低賃金(出勤と退勤の時間も含めたら時給400円台)のために命をかける理由はないよなぁ、、、と思ってしまい、最近は急にUber熱が冷めてきてしまい、就活サイトばかり眺めてます。久しぶりにお得意の「燃え尽き症候群」が出てきたな、と。

つい先月までは、土日だけの稼働で3万円以上稼げてたのに、今は土日二日間稼働して15000円ぐらいしか稼げません。もちろんぼくの技量の問題もあるとは思いますが、とにかく配達員が増えすぎて稼げなくなってます。

※誤解してほしくないのですが、涼しくなって増えた配達員を非難しているのではありません。ぼくも配達員の一人ですし、全員が平等な立ち位置だと思っています。

自由に稼げるところが気に入っていたUber Eats配達員の仕事ですが、いよいよ辞めるかどうかの瀬戸際に立たされた感があります。

7年ぶりに就職する日も近いかもしれません。。。

大阪の現場からは以上です。

【あすおはこんな人】
ぼくは社会人になってからアスペルガー症候群&ADHDの診断を受けました。2013年3月に会社員を辞めてから7年間ずっと無職でした。

現在は大阪で妻と犬2匹と楽しく暮らしており、株トレードとUber Eats配達員をしています。

妻は外で働いているので家事全般はぼくがやっていますが、ぼくは細かい部分の掃除や整理整頓・収納などが苦手なので、そこは妻にやってもらっています。

高評価・コメント・チャンネル登録をいただけるととてもうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あすお

【連絡用メールアドレス】
asupeotto@gmail.com

配達アプリカテゴリの最新記事