ウーバーイーツ配達員がやらかしやがった

ウーバーイーツ配達員がやらかしやがった

何もサービスそのものや配達員全体を非難したいわけじゃないんです。僕も配達員ですしね。
ただね最近やべぇ奴らが多すぎるよ。
1人がやらかすと全体がヤバいと思ってしまうのが人間の性。
不特定多数が働くウーバーは尚更。
努めて「真面目」に取り組もうと心がけている僕も“そういう人”だと思われてしまうし、
以前素晴らしい配達をしてくれたあの人も“そういう人”だと思われてしまう。

いつの時代も元々一定数やべぇ奴らはいますからいくら声をあげてもいなくなることはないでしょう。
しかし、自分がやっている仕事が“そういう人”の巣窟だと思われて、あー俺は今そういう仕事やってんだ、と悲しくなるのは嫌なので、せめて少しでも“そういう人”を減らしたい。そんな思いです。

なかには正社員でもなく制服もないこの配達員を、「仕事じゃない」と思っている人もいるかもしれません。
正直僕もそう思います。これは職歴に含められるようなものではないでしょう。
だから会社員のような立派な志なんぞはなくてもいいんです。

ただ、どれだけ安くても、自分の働きに「賃金」という対価が支払われており、そのうえいつでも自分の好きな時だけ働けるなんていう都合のいい立場にいるわけですから、
最低限のマナー
だけは持ち合わせませんか。我々がやってるのは
お金を稼ぐために走る
ことではなくて、
人に料理を運んでお金を稼ぐ
ことなわけです。そこごっちゃになってるよ。
金のためだけに走ればそりゃ雑にもなるわな。

制服着なくていい、出勤もしなくていい、
好きな時だけ働ける。
そのかわり保険も補償もない。
そういうもんだと理解したうえでこの配達員やろう、って選んだんじゃないんですか。

それに見合うだけだけでいいんです。
せめてそれだけのマナーを持ちましょう。

最近街を走るとすれ違う自転車やバイクの8割に配達バッグがついてるのをみて、ふとそう思いました。

別に僕も自分がすべて正しいなんて思っちゃいません。
でもこの考えを「いい子ぶんな」と思う人はきっと人対人の仕事には向いてないと思うので、個人でやる仕事をした方がいいと思います。

そもそもそういう人はこの概要欄まで読まないでしょうけどねえ!!

#ウーバーイーツ #ウーバーイーツ配達員
#UBEREATS

配達バッグカテゴリの最新記事